タイムレコーダーのイメージを変える

タイムレコーダーと言えば、小さな箱型のボックスに特定の厚紙を入れて勤務時間の表示をすることで勤怠管理をする専用の機械の事を思い浮かべます。小型の機械で、操作方法も特定の厚紙を挿入するだけで勤務時間の管理ができる便利な機械です。しかも、値段も安いのです。そのため、多くの企業では、出勤と帰宅時間を管理するために活用しているところです。しかし、今日、タイムレコーダーの評判は今一つ、何かが欠けるようになってきました。

費用も安く、便利な機械なのに、利用状況が伸び悩んでいるのです。なぜでしょうか。それは、タイムレコーダーの形状は日々進歩してデザインもきれいになっているのに、特定の紙を入れて時間を管理するという従来の方法が何ら変化しないでいるため、わずらわしさを感じるようになっているためです。例えば、図書館で本を借りる時にこれまでは図書カードに借りた日と、返した日を記入する方法がとられていましたが、今日では、バーコードでの管理に代わってしまいました。バーコードをかざす一瞬の動作で終わってしまうのです。図書カードの方法とバーコードの方法では、管理する時間の差はわずかな違いありませんが、同じことは日常生活の中で見受けられるようになり、わずらわしいことを忌み嫌うようになってきているのです。それだけ、時間にせわしくなっているとも言えるでしょう。

タイムレコーダーも、同じようなわずらわしさを感じさせるようになってしまったのです。では、タイムレコーダーのわずらわしさを払しょくし、新鮮味を持たせる方法はないのでしょうか。図書カード管理からバーコード管理への変換のような方法はないのでしょうか。今日、日常生活の中で見受けられる物品管理や人の出入り管理で見られる方法を活用すれば、低費用でタイムレコーダーと同様のはたらきをする機械の開発は可能です。まず、職員章にバーコードを表示させる方法があります。バーコードを読みとらせることで職場における到着時間と帰宅時間を表示させて管理するのです。次に考えられるのが、職員章の中に磁気チップを含ませ、通用口に磁気チップの読み取り装置を置いておくのです。磁気チップの導入は、既にレンタルショップや衣料品店でされているものです。バーコードにしても磁気チップにしても、新たに開発しなければならないものではなく、既成の商品です。それを応用するだけで、これまでのタイムレコーダーのイメージを変え、新しさと利便性をもたらすことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*